墓石は、デザインも色も、ブランドも価格も、すべて大切です。

しかし、もっとも重視して選んでほしいのが「耐久性」。

どれだけ見た目が美しくても、耐久性がなければお墓としてまったく意味がありません。

というのも、お墓は一度建てると、何十年、何百年とその地に存在するのです。

ご先祖さまはもちろん、あなたも、あなたの子どもも孫も…というように、代々受け継がれていくもの。

だからこそ、何が何でも耐久性を一番に考えてほしいと思うのです。

耐久性の低い墓石の場合、数十年経つことで錆が出てきてボロボロになってしまいます。

どの墓石であっても、多少の錆は出ますが、あまりに早くに錆が出てくるのは問題。

しょっちゅうお墓のリフォームをしなければいけません。

そうならないためにも、耐久性の高い墓石を選びましょう。

耐久性の高い墓石であれば、いつまでも美しい石肌を保ち、時が経ってもその墓石ならではの風合いを醸し出します。

家のお墓としていつまでも大切にしたいからこそ、耐久性の高い墓石を選ぶことが大切です。

日本の墓石は、どこで産出されるものであっても耐久性は高いと言われていますが、中でも優れているのが九州地方で産出されるもの。

とくに「天山石」が有名です。

天山石は国産墓石の中ではトップクラスの吸水性の低さを誇り、雨が降ってもまったく変わらないことで知られています。

耐久性を重視するのであれば、天山石がおススメです。

墓石に関しては、それぞれこだわりがあると思いますが、重視したいポイントをいくつか絞り、実績のある優良石材店でじっくり相談してみましょう。