最近では、中国産の墓石が非常に増えており、安価な割に耐久性・デザイン性が高いためとても人気です。

日本には、たくさんの採掘場がありますが、産出量が限られている場合が多く、現在では国産墓石は非常に希少価値の高いブランド墓石として知られています。

そんな国産墓石の中でも最高級としてその価値が認められているのが、「庵治石」、「本小松石」、「万成石」です。

庵治石は、香川県は木田郡庵治町で産出され、青みがかった艶のある石肌は、他の高級石材の中でも断トツの存在感を示します。

「花崗岩のダイヤ」と呼ばれ、世界でもっとも高級な石材として認められています。

Pickup…花崗岩(御影石)とは

また、独特の斑の模様も庵治石ならでは。

有名建築物では、首相官邸、広島平和記念公園で使用されています。

本小松石は、神奈川県真鶴町で採掘され、古くは鎌倉時代から墓石として使用されています。

派手さはありませんが、きめ細やかな石肌が非常に気品を感じさせ、わずかに緑を含んだ灰色の織りなす雰囲気は息をのむほど。

庵治石と並んで日本が誇る超高級石材であることから、「西の庵治石 東の小松」と言われています。

また、万成石は日本で最高級の桜御影として知られています。

万成石は岡山県岡山市の万成で産出される石材で、特徴はなんといっても美しい桜色。

高級感はもちろん、かわいらしさまで演出することのできる数少ない石材。

とくに著名人の墓や美術館などでよく使用されています。

日本では他にも、「天山石」や「大島石」など価値の高い墓石がたくさんあります。

石にこだわってお墓を作るのも良いですよね。